ロエル夫妻の東北旅行

新緑がまぶしい5月初旬、オランダからFANの会員が日本にやってきました。マーストリヒト在住のイェット、ヨアン・ロエル夫妻(Jet and Joan Röell)です。夫婦は20日間をかけて、東北を旅しました。

過去の総会でもご報告させていただきましたが、Röell氏は5年前の東日本大震災の直後、オランダの仲間に呼びかけて、津波で多大なる被害をこうむった陸前山田町に3000ユーロ(約35万円)の寄付金を集めてくれました。

そのフォローアップに山田町町長を表敬訪問し、津波の被害を受けた三陸各町の視察、その足で東北地方を一巡り、また予てから念願の相撲見物、富士山登山など、日本を満喫して帰途につきました。

Roell氏からお世話になったFANの皆様へのお礼と今回の旅行のレポートがやってきました。

 

******************************************
浦和から男鹿へ
After a stay of a few days in Urawa Saitama City, visiting a Bonsai garden and hidden temple, we flew to Akita airport for a stay at the coast near Oga with little fisherman’s harbor and beach. The railway company bears our family-initials: JR so we could count on a fair and safe trip … .
埼玉県の浦和市に数日滞在。盆栽園、ひっそりとたたずむ寺を訪問したあと、飛行機で秋田へ。小さな漁港と海辺がある男鹿半島近くのまちに宿泊。鉄道会社は我が家の頭文字と同じJR。そんなわけで、きちんとして安全な旅になること、うけあいである。

 

男鹿から弘前へ
The next day – still beautiful weather with clear views on beaches, rocks and snow covered mount Iwaki – we enjoyed the train with its surprisingly charming lute-players.(tsugaru-shamisen)
翌日、すばらしい天気がまだ続く。浜辺、岩場、雪に覆われた岩木山がはっきりと見える。ひどくチャーミングな津軽三味線奏者と列車の旅を楽しむ。(注:車内で津軽三味線の演奏がありました)

 

弘前から八幡平へ。途中三内丸山遺跡
Before heading for Hachiman-Tai high in the mountains we took our time visiting Hirosaki Castle and its park with old and famous trees, ponds and gates. After a little more than an hour drive, there was the World Heritage Sannai-Maruyama Site of the settlement of the Jomon period (5.500 to 4000 years ago). An archeological site with burials, mounds, graves, dwellings and reconstructions of buildings and a tower.The museum helped us to understand life of those prehistoric times.On our way to the mountains we passed many orchards with fruit trees, mainly apples and pears. We stayed two nights in Goshokakari-Onsen in the middle of steaming sulpher wells and bubbling mud springs. We hiked in the mist and over path of snow, enjoyed traditional meals and Mr. Yamazaki’s healthy massage.
八幡平に向かう前に弘前城に立ち寄る。城内には公園もあり、樹齢が古い木々や池、門などがある。そこから車で1時間弱、5500~4000年前の縄文の居住地だった世界遺産の三内丸山遺跡へ。塚、住居、建物、塔などがある考古学的な場所で、併設されている博物館が、理解を深める助けになった。 八幡平への道すがら、多くの果樹を見た。主にリンゴとナシだった。後生掛温泉に2晩投宿する。湯煙があがり、泥湯からボコボコと泡が立つ。雪の壁の続く道を霧の中ハイキングに出かけ、郷土料理に舌鼓。ヤマザキさんの健康的なマッサージも楽しんだ。(注:マッサージをしてくれた人が山崎さんです)

 

八幡平から山田町へ
After a drive over the Aspiterine Pass, a beautiful river valley and view on mount Iwate-san, we arrived at our bed-and- breakfast south of Yamada. We made a pleasant hike down to the rocky coastline, Jet was happy to enjoy internet connection for contact with our beloved. We prepared for the meeting with the mayor of Yamada city Mr. Shin-itsu Sato to hear about the progress of the restoration after the tsunami 5 years ago. He took his time to explain and show from the window of his office how destructive the wave was and how the rebuilding proceeded. It was for us a great honor to have met him, we thanked him for his hospitality and made him and his council compliments for their efforts. Leaving the city we took our time to watch the proceedings in town and at the seashore. We also hiked to the famous tree of the seashore Woods that solitary survived the waves that washed away the whole beach forest.
八幡平のアスピーテラインをドライブ。川沿いの谷、岩手山への眺めが美しい。山田町の南にあるB&Bに到着。岩場の海岸線をハイキング。イェットはインターネットがあることに小躍りし、嬉々としてオランダの友人たちに様子を伝えていた。(注:宿にインターネット接続サービスがありました)。その後、山田町の町長、佐藤信逸氏の訪問の準備。5年前の津波からの復興状況などを聞く予定だ。町長は時間をとって、オフィスの窓から見える風景がどれだけ壊滅状態にあったか、どのくらい復興が進んでいるかを説明してくれる。私たちにとって、町長にお会いするのは非常に光栄なことであり、歓迎してくれたことへのお礼と、町の復興への尽力に賛辞を贈る。町や浜辺の復興状況を見ながら山田町を去る。津波によって流された浜辺の松林の中でただ一本生き残った奇跡の一本松までハイキングをする。

 

山田町から松島へ
After a long ride following the coast with many towns and villages that suffered the Tsunami we arrived at the beautiful bay of Matsushima.The next day we sailed around a group of islands before the coast and visited a wonderful temple complex with precious gardens.
津波の被害を受けた浜辺沿いの街や村に沿って長いドライブののち、松島に到着。翌日、松島と近辺の島々をボートでクルーズ。美しい庭園や神社仏閣を訪れる。

 

松島から銀山温泉へ
Still we enjoyed sunny weather, so when we arrived in the mountains of Ginzan Onsen, we could hike along the Mogami river with its waterfalls to the in the former silver mines above the village and stroll around. We needed the relaxing time in the hot bathes before heading for the big city.The day before we left we made a tour around a charming lake surrounded with blooming bushes and visited an outside bath with splendid view on the river-valley.
今日も好天。銀山温泉に着くやハイキングに出かける。最上川沿いを歩き、滝を見て、村の上方にあるかつての鉱山まで散策する。大都市に向かう前は、温泉でリラックスタイムをとらなければ。銀山を去る前日、新緑まぶしい樹に囲まれた湖畔を散策し、露天風呂を訪れる。渓谷への眺めが美しかった。

 

銀山から東京へ
On the 17th of May we arrived by shinkansen at Tokyo where we spent some days. We went to the Kabukiza Theatre where we enjoyed two Kabuki ‘plays’. A very pleasant experience! The next day The Museum of Contemporary Art was a surprise, not only the building but also the special expedition of making animation movies. We also found the Fukagawa Edo Museum where we could wonder through the Streets of old Edo.
5月17日、新幹線で東京へ。東京で数日過ごす。歌舞伎座で歌舞伎を2幕楽しむ。すばらしい経験だった。翌日は現代美術館へ。建物のみならず、アニメ映画製作の特別展示も驚きだった。また、深川江戸資料館も訪ねる。古い江戸の街並みを歩けるようになっていた。 

 

念願の相撲見物
Friday May 20th was Sumo day, an happening we looked very much forward to … and what a show it was! We saw ‘fighter’ Hakuho who the next day became the winner.
5月20日は、とても楽しみにしていた相撲デー。驚嘆のショーだった。私たちが見たファイター白鳳は、翌日優勝した。

 

 富士山ハイク
The last weekend in Japan we took off by Yamanakako-onsen to the mount Fuji region and by car to the mountain. We prepared for the hike on the slopes of the giant. All of us enjoyed a traditional supper with precious conversations.The day the boys went for the mountain, Jet wondered through the village to the holy springs and Oshino Hakkai Ponds. May be she covered more miles than the Fuji hikers!? Their day on the slopes, through the woods between 1200 and 2000 meters high was fantastic with great views to the top and to the valley and spontaneous meetings with locals taking a walk. Joan’s dream came true.The drive back to the Tokyo train took us through the mountains and a region of hot springs again.
日本最後の週末は、車で山中湖温泉から富士山へ。この巨大な山のふもとをハイキングする。愉快な会話とともに、伝統的な料理を楽しむ。 その日、男性軍は富士山へ、イェットたちは忍野八海を探索。もしかしたら彼女は富士登山以上に歩いたかも。男性軍は標高1200~2000mの森を歩く。高台からの眺望は素晴らしく、ハイキングを楽しむ地元の人と出会いもあった。これで、これでヨアンの夢が適った。(注:富士登山は2002年からの長年の夢でした)。山を抜け、温泉を再び通って列車で東京へ。

 

東京に戻り帰国へ
Tuesday was the day of preparing our journey home. We went a shopping center and or the famous main station of Tokyo. In the afternoon we were put us on the train to Narita airport where we stayed one night in a hotel before flying back on Wednesday the 25th. After a pleasant flight and we took the train to Maastricht, met our friends who stayed at our home and started normal life in Maastricht again. Thanks to FAN friends, we had a wonderful time in North East of beautiful Honsu. A once in a life time experience!
火曜日、帰途への準備。ショッピングセンターに出かけ、有名な東京駅を訪ねる。昼に成田空港に行き、水曜のフライト前にホテルに泊まる。快適な空の旅の後、列車でマーストリヒトへ。我が家に滞在していた友人と会い、マーストリヒトでのいつもの暮らしに戻る。

 

 

FANの皆さま、ありがとう。美しい本州の東北地方で、一生に一度しか味わえないすばらしい時間を過ごせました!