17 8月

ワタシは自由だ! ~アムステルダムのゲイパレード~

こんにちは。世話人の水迫です。これから不定期にFANの運営メンバーによるリレーブログを始めます。僭越ながらトップバッターとして、オランダからの便りをお送りします。

7月末からオランダに滞在しています。8月1日にアムステルダムでゲイバレードが開かれるというので行ってみました。50万以上の人々が見学するそうです。

アムステルダム中央駅から中心街に歩いていくと、ゲイの人々の象徴である虹色の旗があちこちに飾られていました。

IMG_7944

先に白状しておきます。ゲイバレードと聞いて、ドラッグクイーンたちが楽しそうに集う様を見学するだけで、あくまでも内輪で盛り上がるイベントだと思っていました。

が! 広場や通りにDJが繰り出して町全体がクラブ化しています。お腹に響く大音響のリズムにあわせて地元の人も、ゲイの人たちも、観光客も、踊ったり、飲んだり、とにかく嬉しそう。お祭り特有の楽しさだけではなく、なんだかはじけるような喜びに満ち満ちています。

男の人が男の人を好きになる。女の人が女の人を好きになる。オランダでは早くから同性婚が認められていますが、世界的に見ればまだまだマイノリティ。「ワタシはワタシ。何にも束縛されない自由な存在なんだ!」運河に次々と繰り出すボートの上で、自分らしくいられることへのが喜びを爆発させ、ガンガン流れる音楽と一体となって、街に、見学している人々に伝染しています。ゲイパレードのことをよく知らなかった私にも、その喜びが伝わってきました。

 

にしても、これだけの混雑、イベントを問題もなくよく運営できるもんだと、オランダ人のイベントオーガナイズ力に感心しました。

 

オランダはリベラルを尊ぶ大人の国と言われます。ゲイパレードで改めてそれを感じました。月並みですが、人種とか、性別とか、性向とかはその人を形作るものであるけれど、いちばん大切なのは、ワタシは自由だということを知ることなんですね。

 

次は副会長の白石さんによるブログです。お楽しみに。